梁石日(ヤン・ソクイル)

プロフィール

「闇の子供たち」の原作者。1936年8月13日大阪市生まれ。在日朝鮮人。通名:梁川正雄。両親は済州島から大阪市に移住し、戦後、家業の蒲鉾製造で成功したが、父が愛人をつくり妻子をすてて家を出ている。大阪府立高津高等学校定時制在学中に、内灘闘争に参加した。詩人の金時鐘に師事し、朝鮮総連系の同人誌「ヂンダレ」に詩を投稿する。靴屋や鉄屑屋、洋服屋などに勤めた後、実父から三百万円を借り印刷会社を経営するが事業に失敗し、仙台に逃げる。そこで喫茶店の雇われマスターとして働くが、借金は増え続けたため、上京しタクシー運転手の職に就く。新宿のスナックで飲みながら、タクシー客とのやりとりを面白おかしく語る梁の姿を、たまたまそばにいた出版編集者が見ており、執筆を勧めた。その時に書いた『狂躁曲』でデビュー。この作品は1993年に『月はどっちに出ている』というタイトルで映画化され(監督は崔洋一)大ヒットした。タクシードライバー時代に二度事故を起こし、大怪我を負ったため退職。物品販売業をしながら執筆活動を続ける。1994年大阪砲兵工廠跡を舞台に在日韓国・朝鮮人の鉄屑窃盗団アパッチ族の暗躍を描いた「夜を賭けて」が直木賞候補に挙がる。同作は2002年に山本太郎主演で映画化された。1998年実父をモデルに戦中戦後の強欲、好色、妄執に取り付かれた男の栄光と転落を描いた『血と骨』で山本周五郎賞を受賞。馳星周、関口苑生、原田芳雄などに絶賛され直木賞候補になる。同作は2004年、崔洋一監督によりビートたけし主演で映画化された。また、近年では柳美里の芥川賞受賞作「家族シネマ」の映画化の際、父親役として出演するなど、活躍の場を広げている。

著書

狂躁曲(1981年)※文庫化する際「タクシー狂躁曲」に変更。

在日朝鮮人の目を通して描かれる、大都会に生きる人々の滑稽にしてシリアスな物語。作者のデビュー作。

タクシードライバー日誌(1984年)

作者の自伝的小説。タクシー業務の過酷さを克明に描く。

族譜の果て(1989年)

印刷会社を経営する高秦人は、不況にあえぎながらも自宅を新築し、借金地獄に陥ってしまう。高利貸しや知人に返済を迫られて自転車操業を繰り返すうち、金銭感覚が麻痺していく。なんとか二千万円をかき集め、借金地獄から抜け出せるはずだった高に、思わぬ災難が降りかかる。

アジア的身体(1990年)

在日朝鮮文学、日本文化の閉鎖化、国際化と差別。朝鮮、日本、在日をめぐる問題に切り込んだ作者初のエッセイ集。

夜の河を渡れ(1990年)

李哲博と朴政道は民族学校からの親友だった。李はボクシングで、朴はサッカーで名の知られた選手だったが、二十代半ばで共に挫折し、歌舞伎町でホテトルを経営していた。一攫千金を狙い、賭博屋を開いた二人は次々と事業を拡大してゆき、ついにはビルの買収という大博打に出るが…。

子宮の中の子守歌(1992年)

事業に失敗した朴は妻子を残し、仙台で義兄が経営する喫茶店を手伝いながら何とか生きていた。仕事に専念できず相変わらず女と酒にのめりこみ、極貧生活から這い上がれずにいた。金の呪縛から逃れようと、さらに金に妄執する朴はついに危険な賭けに挑む。

断層海流(1993年)

ダンサーを夢見て日本にやってきたフィリピン人のマリア。しかし日本についたその日から売春を強要され、身も心も引き裂かれんばかりであった。もはや覚醒剤を打ち、性の快楽に溺れるしか絶望から逃れる術はないのか…。国境を越えた人間の闇を描く。

男の性解放 なぜ男は女を愛せないのか(1993年)※文庫化する際「男の性」に変更

すべての男にとって女は性器そのもの、というこの“男社会”の病理をはじめて男の視点で書いた論考。

夜を賭けて(1994年)

廃墟と化したアジア最大の兵器工場・大阪造兵廠跡の闇の中で、残骸を掘り出す鉄泥棒アパッチ族と警察官の果てしない攻防を描いた長編。

修羅を生きる「恨」をのりこえて(1995年)

著者のあまりにも凄絶な半生記。神をも恐れぬ強大な父親との骨肉の葛藤と、女と酒に溺れた無頼と放蕩の日々を綴った回顧録。

こどもを守る

雷鳴(1995年)

10歳の幼児に嫁いだ18歳の娘。李春玉は、済州島で過酷な弾圧と厳格な因習に運命を翻弄されていた。

闇の想像力(1995年)

日本文学の閉鎖性、抵抗の在日文化、表現と差別などについて、4年間の間書き綴った評論集。

Z(1996年)

日本敗戦後の朝鮮半島。残忍な刃が次々と開放戦士を血祭りにあげる。マッカーサーの指令によって朝鮮戦争に参戦した旧日本軍兵三千人はどこへ消えたのか。戦慄のアジアン・ハードボイルド小説。

タクシードライバー 最後の叛逆(1998年)

路上駐車、スピード違反、飲酒運転…人はなぜルールを破るのか?タクシードライバーとして数々の修羅場をくぐり抜けてきた作者が、絶体絶命の危機を回避するための「掟破りの裏技」を伝授。

血と骨(1998年)

大阪の蒲鉾工場で働く金俊平はその巨漢と凶暴さで極道からも恐れられていた。筆者の父親をモデルにし、その暴力性と数奇な運命を描いた山本周五郎賞受賞作。。

さかしま(1999年)※文庫化する際「夢の回廊」に変更

男は長年忘れていた記憶を夢に見た。それは少年時代、殺害された友人が警察の裏庭で乱暴に解剖され、内臓を引きずりだされる姿だった。繰り返しその夢を見るうちに、現実と夢との曖昧になっていく…。表題作ほか6篇収録の短編集。

異端は未来の扉を開く(1999年)

様々なジャンルの人々との出会いを通じ、より広範になったという著者の文学に対する最新の見解が書かれたエッセイ。

魂の流れゆく果て(2001年)

莫大な借金を抱えて大阪から逃げ、放浪の末に東京でタクシードライバーになる苛烈な運命を、子供時代から振り返った自伝的エッセイ。

死は炎のごとく(2001年)※文庫化する際 「夏の炎」に変更

23歳のテロリスト・宋義哲は、朴大統領を標的に、韓国、北朝鮮、日本、アメリカの政治謀略が渦巻く闇の底へと疾走していく。

睡魔(2001年)

健康マット商法―金に目がくらんだ男女を狂わせる完璧なシステムと巧妙なマインドコントロール。著者自らの体験を基に人間の欲望の本質を描く。

終りなき始まり(2002年)

1980年、本国で光州事件が勃発したころ、新宿では在日朝鮮・韓国人の若者が集まり、語り合っていた。その中で激しく、そして切ない恋があった。著者の自伝的恋愛小説。

裏と表(2002年)

念願だった金券ショップを開店した樋口は、大量の高速を持ち込んだ謎の美女に惹かれ、それが偽造と知りながらも買い取ってしまう。裏金作りに使われる金券ショップの秘密を明かす金融サスペンス。

異邦人の夜(2004年)

フィリピンから出稼ぎで来日した娼婦・マリア。彼女を愛した榎本は実業家・木村に脱税の手助けをさせられている。豊かな暮らしに執念を燃やす二人に残酷な運命が襲い掛かるのだった。

一回性の人生(2004年)

多額の借金、放浪、重なる絶望、そして再生願望。著者が経験した事例をより具体的にあげながら展開するエッセイ。

海に沈む太陽(2005年)

16歳で家出した輝雅は米軍の舟で東南アジア各地を航海。様々な職を転々とするうち、画家になりたいという夢を持つ。画家・黒田征太郎の青春時代を基に描かれた青春小説。

カオス(2005年)

テツとガクは、台湾人から持ちかけられた漢方薬の売買によって、歌舞伎町の抗争に巻き込まれてしまう。見返りに中華料理の名門「龍門」を手に入れるが、麻薬を狙う蛇頭の執拗な追跡にあう。裏社会で生きる人間の真実とは。

シネマ・シネマ・シネマ(2006年)※文庫化する際 「シネマ狂躁曲」に変更

原作者として、役者として、在日作家の主人公が関わった映画製作の現場は、映画の魅力に取り憑かれた人間たちの修羅場だった。日韓の流儀が対立する撮影現場での諍いや、資金繰りの苦労。果たして映画は完成するのか?

未来への記憶(2006年)

生きることの意味、戦争の不条理と悲惨、文学の力。むずかしい時代を生きるために、作者が描いたエッセイ集。

ニューヨーク地下共和国(2006年)

イラク戦争の内実、超大国アメリカの野望、そして全世界規模で張り巡らされた陰謀…ニューヨークで9.11事件を目撃した著者が描く、愛と暴力の人間ドラマ。

超「暴力」的な父親(2007年)

著者の作品に何度も登場している実父について書かれた作品。ページをめくるたび、ものすごい存在感で父親が迫ってくるだろう。

夜に目醒めよ(2008年)

夜の六本木、ニューヨークの裏社会。李学英と金鉄治は闇のるつぼを駆け抜けてゆく。著者独特の文体で綴られる破天荒な青春小説。

冬の陽炎(2008年)

タクシードライバーの主人公は、借金から逃れるために東京に来ていた。客の忘れ物で、宝石、麻薬、現金2300万円が入ったボストンバッグを手にしたことから、彼の転落人生は始まってゆく。

めぐりくる春(2010年) 

従軍慰安婦の過酷な運命と真実を、消すことのできない記憶として描く、衝撃作。

梁石日オススメ作品ベスト3

梁石日の著作でオススメのものを紹介!

第1位

「血と骨」
作者の父親をモデルに書かれた本作は第11回山本周五郎賞を受賞し、直木賞にもノミネートされている。主人公の、家族への暴力や、愛人との結婚、事業の失敗、そして故郷北朝鮮での孤独死までを描いている。後にビートたけし主演で映画化されているので、あわせてチェックしてほしい。

第2位

「タクシー狂躁曲」
作者のデビュー作。在日コリアンのタクシー運転手とフィリピン人女性の恋愛模様を描いた、作者の自伝的小説。これも後に映画化・ドラマ化され、いずれも監督は崔洋一が務めた。

第3位

「めぐりくる春」
小作人の娘が工場で働けるとだまされて従軍慰安婦にされるという衝撃的な内容の本作。近年問題になっている従軍慰安婦の姿を生々しく描いている。

幸せってなんだろう