心臓移植

「闇の子供たち」で、過剰演出だとして問題となった心臓移植のシーン。同作品では生きたままの少女を心臓移植のドナーとして提供するという衝撃的なストーリーだったが、実際の心臓移植はどのように行われているのだろうか。

心臓移植とは

文字通り、他人の心臓を移植手術することである。移植とは「提供者(ドナー)」から「受給者(レピシエント)」へ組織や臓器を移し変える医療行為で、通常は重大な心疾患によって他人の心臓を移植する以外に助かる方法が無い場合に行われる。2006年の時点で世界中で4万6千例以上の心臓移植が行われている。なお、思想的・宗教的立場から移植を否定する主張もある。

心臓移植の歴史

1964年にミシシッピー大学病院のジェームズ・ハーディが、チンパンジーの心臓を移植する手術を試みた。これがヒトへの心臓移植につながる最初の事例である。この時は、移植した心臓が90分しか鼓動せず、失敗に終わっている。世界初のヒトからヒトへの心臓移植は、1967年12月3日、南アフリカのケープタウンで行われた。執刀したのはクリスチャン・バーナードで、「この移植には、ヒトにいちばん近い形をしたものを使った」と発言した上に、患者が白人男性だったのに対し、ドナーは黒人女性だったことから「黒人の人権を認めない南アフリカだからできた非人道的な殺人手術」との批判を受け、人種差別や人権問題に関わる議論を呼び起こすこととなった。ただし、執刀医のバーナードはドナーについて、脳死を確認したうえにドナーの父親から許諾を得て移植手術をしたと主張している。なお、世界初の心臓移植を受けた患者は、移植の18日後、免疫抑制剤の副作用による肺炎で死亡した。バーナードは翌年にも移植手術を実施し、この時には患者を19ヶ月延命させることに成功した。

こどもを守る

展示場及び水戸ショールームは、休まず営業しております茨城県水戸市・ひたちなか市のハウスメーカー 総レンガタイル貼りの家におお気軽にお越しください。きっとあなたの幸せ見つけられます。

日本での心臓移植

1968年8月8日に和田寿郎を主宰とする札幌医科大学胸部外科チームが、日本初、世界で30例目となる心臓移植手術を実施した。ドナーは21歳の溺水事故を起こした男子大学生。患者は18歳の男子高校生で和田によれば多弁障害を抱え、人口弁置換術では根治できないとされる患者だった。手術は約3時間半をかけて終了。患者はなかなか意識が回復しなかったがやがて回復。8月29日には屋上で10分間の散歩をし、その様子はマスコミで大きく取り上げられた。その後一般病棟に移るが、9月に入り食欲不振や意識混濁などの症状が現れ、手術後83日目の10月29日に死亡。この心臓移植に関しては、さまざまな疑惑(そもそも患者は心臓移植の必要が無かったのではないかとか、ドナーの脳波を取っていなかった、患者の元の心臓が3ヶ月間も行方不明になるなど)があり、和田心臓移植事件として当時の世間を賑わせた。和田心臓移植事件の後、再び日本で心臓移植が開始されるのは31年後の1999年2月28日に行われた大阪大学チームによる心臓移植だった。和田の、免疫学を無視したといっても過言ではない、強引な心臓移植手術の強行が、日本の心臓移植の遅延を招いたのではないかとの批判もある。また、日本では15歳未満の臓器提供が認められていなかったために、15歳未満の心臓しか合わない子供が心臓移植を受けることができなかった。しかし2010年7月17日に改正臓器移植法が施行されたため、ドナーさえ見つかれば移植手術が受けられるようになった。これに伴い、2012年に初めて10歳未満への心臓移植手術が行われた。しかし現状は、渡米して移植手術を受けるこのが圧倒的に多く、米国内でも子供の提供者は希少である。

問われる倫理観

脳死移植

1979年、臓器の移植に関する法律が施行され、本人が脳死判定に従い臓器を提供する意思を書面によりひょうじしており、かつ家族が脳死判定ならびに臓器提供に同意する場合に限り、法的に脳死がヒトの死と認められ、脳死移植が可能となった。しかしながら日本では脳死をヒトの死と認めない傾向が強かったため、脳死判定の是非、及びその基準が問題となっている。脳死をヒトの死とすることに疑問を投げかける人々からは強い批判があり、また「脳全体の機能の不可逆的停止」を脳死としている厚生労働省の基準に対して強い疑念を持つ医学者も多く、臓器移植自体を医療として認めないという人々もおり、臓器移植法そのものや法改正に対しての反対運動が度々起こっている。

海外渡航移植の問題

日本ではいまだに心臓移植は非常に実施困難な状況にある。そのため患者の大半がアメリカに渡って移植を受けている。特に15歳未満の子供の脳死後の臓器提供については日本では法的に不可能だったため、数千万円に及ぶ高額な医療費を工面し国外へ渡航するケースが後を絶たず、その医療費を集める募金活動などが行われることも多い。日本から渡航して移植を受ける場合、その国のドナーの順番待ちリストに高額な料金を払って割り込むことで行われているのが実態で、日本から来た患者を受け入れた分だけ自国の患者が移植を受けられずに亡くなるということも有りうるため、自国の患者は自国で治療すべきという原則の下に国際的な批判が出ている。また、高額な医療費を支払っての臓器移植は一部の事例で臓器売買に当たるのではないかという疑いももたれている。

「闇の子供たち」の中で、心臓移植を受けようとする少年の母親が、NGOの女性から手術をやめるように説得され「あなたは息子に死ねというのですか」と激昂する。しかしこの台詞について、映画に取材協力した大阪大医学部付属病院の福嶌医師は自らの経験から、こう反論している。「心臓移植を受けようと思っている子供の両親が、よその子供を殺してまで自分の子供を助けたい、精神的にそう思っている人は一人もいない」と。海外でも日本でも、親が子を助けたいという気持ちに違いは無い。高額な医療費を払って順番待ちに割り込まなければならないという状況は、やはり心苦しいものがあるのだろう。日本での心臓移植技術の早期発展が望まれる。

幸せってなんだろう