ペドフィリア

ペドフェリアとは、特殊な性欲の一つ、幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好を意味する。類義語・俗称として小児性愛、児童性愛、小児愛、ショタコン、ペドなどがある。ロリコンも類義語として使われることが多いが誤用である。思春期の子供への性的嗜好はエフェボフィリアという。ペドフェリアの性向を持つ人を、ペドファイル若しくはペドフィルと呼ぶ。「闇の子供たち」に出てきた白人男性などはここに分類されるだろう。医学上の疾患(性嗜好障害)として分類される小児性愛をさして使われる場合と、日常語として広義に小児への性的嗜好をさして用いられる場合とがある。なお欧米では広く児童への性的虐待者そのものを言及するのに用いられているようだ。

言葉と概念の由来

古典ギリシア文明における「パイドビリア=少年愛」が、キリスト教的近代において否定的意味を与えられ、精神医学の用語とされた。成人による、児童・小児への持続する性的関心を指す。異常心理学では、「性の異常心理」として児童・小児を性愛の対象とする「性倒錯」として位置付けられている。20世紀半ばまでは精神医学においても、性倒錯として把握されていたが、現在は「性嗜好障害」とされている。

精神医学での基準

現在、米国精神医学会の診断・統計マニュアルでは小児性愛に関して以下の基準が定められている。

  • 基準A:少なくとも六ヶ月以上にわたり、思春期前の子供との性的行為に関わる性衝動や強い性的興奮を引き起こす空想、または実際の行動が頻発している。
  • 基準B:このような性的衝動に従って行動してしまっているか、あるいは、その性的な衝動や空想によって著しい苦痛や対人障害が引き起こされている。
  • 基準C:少なくとも16歳以上であり、基準Aの対象児童よりも5歳以上年長であること。

なお、日本では医学上18歳未満のものを小児に含めるが、18歳未満への性的愛好のすべてが小児性愛とみられるわけではない。16~17歳の者への性的愛好が小児性愛とされることはほとんどない。

こどもを守る

宗教とペドフェリア

かつては、すべての人間社会において、男性の生殖上の地益を最大にするため、妊娠・出産が可能になる下限までの女性を性の対象にことが許されていた。そのため、伝統的社会の模範であった宗教においても、ペドフェリアに対して寛容であり、10歳前後の少女との結婚・セックスなど、ペドフェリアの一部は、社会的に惣菜を認められていた。しかし現代では低年齢での妊娠・出産には多くの身体的危険が伴うことも明白となっており、多くの宗教でペドフェリアを人権侵害につながるとして認めていない。その一方で、発展途上国の農村部などではかつての習慣が残っており、10歳前後の少女との結婚・セックスが見られる。

日本における認識と東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

日本では以前はペドフェリア嗜好に対する認識がほとんど無く、子供に対する性的行為は「性犯罪者が行う異常行為」という認識だった。児童に対するわいせつ事件に関しても、よほど悪質か異常ではないかぎり「いたずら」として処理される傾向が強かった。また、児童の裸体や性器露出についてもわいせつ物としての認識が無かったため、70年代では書店で堂々と少女ヌード写真集が発売されていた。こうした状況を激変させたのが、1988年~1989年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件だ。この事件によってペドフェリア嗜好を持つ人間が一般社会にも潜んでいるという実態が世に知れ渡り、児童を対処にした性犯罪への警戒や児童ポルノの規制の強化が行われるきっかけとなった。こうした経緯から、日本ではペドフェリアに対してきわめてネガティブな風潮が強く、その原因や存在を捉えようと前向きに研究することはほとんど無い。

ペドフェリア嗜好者の割合

NHKによる「日本人の性行動・性意識」という調査で以下の結果が得られている。

  • 13歳未満の相手とのセックスに関するアンケート

「してみたい」と積極的肯定回答をした男性の割合

  • 10代(16~19歳)6%
  • 20代 5%
  • 30代 4%
  • 40代 1%
  • 50代 8%
  • 60代 0%

ちなみに女性においては、積極的肯定回答はほぼゼロに近く、消極的肯定回答も10代に2%が見られるのみだった。

小児性犯罪者

前述の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件を含む、子供への性的虐待の犯人は医学的診断に関わらず、一般社会からはペドファイルであるとみなされ、そういうものとして言及されることが多い。近年の精神医学は疾病の原因には言及しない傾向が強いが、社会一般では逆に犯罪の動機や、原因に強い関心を持って語られる。そしてその動機は「子供に限定された強い性的興味」にあると信じられている場合がほとんどだ。しかし、本当の動機は、ストレス、結婚問題、成人パートナーとのセックスレスなど、「子供に限定された強い性的興味」ではない可能性もあるのだ。そして実際に犯人の大部分は、子供に主に興味があるわけではないと言及されている。東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人も、取調べにおいて、「成人女性の変わりとして幼女を狙った」と取れる発言をしている。この犯人は精神鑑定ではペドフェリアとは診断されなかった。医学的なペドフェリア的傾向があるとみなされた例として奈良小1女児殺害事件の犯人がいる。

奈良小1女児殺害事件

奈良小1女児殺害事件は、奈良県奈良市で2004年11月17日に起きた誘拐殺人事件である。帰宅途中の小学生1年生の女子児童が誘拐の後に殺害・遺棄された。この事件は後に犯人が、精神鑑定で反社会性人格障害及びペドフェリアと診断されたことで有名である。犯人の自宅からは幼児ポルノのビデオ80本~100本や雑誌、それに盗んだものと見られる女児の下着や衣類が約80枚、およびダッチワイフが押収された。犯人には過去に幼児への強制輪伊勢悦の前科があった。2006年9月26日に死刑判決を言い渡された際にはガッツポーズを見せるなど、その異常性が度々取り上げられた。

繰り返される性的虐待

小児性犯罪は表に出ない暗数が圧倒的に多いとされている。また、小児性犯罪者は犯行が明るみに出るまで犯罪を繰り返す傾向が強く、一人当たりの犯罪数が多い。2005年の警察庁の調査によると、2004年度に13歳未満の子供を対象にした強姦など暴力的な性犯罪者の逮捕者の

4人に1人が性犯罪の前歴があることが判っており、強姦、強制わいせつ、わいせつ目的略取・誘拐、強盗強姦の四罪種の逮捕者のうち前歴があったのは四割を超える193人だった。そして、そのうち子供を狙った同様の事件を起こしていたのは74人で再犯率は15.9%に上った。また、女性から男児への性的虐待も存在し、虐待者は実母、代母、母親の友人などである。少年への性的虐待で女性が加害者である率はおよそ20%、被害者の男女比は同程度であるという調査結果がある。また、女性の虐待加害者の66%以上は自らも性的虐待被害者であるという。

幸せってなんだろう

賃貸物件に分譲物件、掲載以外の物件も多数ご紹介できますので、どうぞお気軽にお電話ください 。もちろん不動の売買にも精通しておりますので、ご面倒なお手続きなどはすべて私たちにお任せください!当社までご連絡お待ちしております 。豊富なお取引で吹田の皆さまに愛されてきた吹田 不動産です 。新しい生活のスタートを切る時には、物件探しが肝心です!不動産を選ぶときには、ぜひ私ども吹田 不動産にお問い合わせください 。